保護センターに騙されうちの愛犬が去勢手術を実はしていなかったのが発覚

ご訪問ありがとうございます。はなでございます。

我が家には2匹のワンコが同居しています。

その内の1匹あーさんは、保護センターからやってきました。
イビキと寝言がうるさい、おやじ犬10歳。
最近の悩みは頻尿。

f:id:hana8hana:20180916153223j:plain

先日予防接種を受けに動物病院に連れていった所、獣医さんに

「もう去勢手術はしないの?」と聞かれたんです。

・・・・・・・。

「は?やってますけど???」

と私が答えると、

獣医さん
「え?あるよ???」


「はい・・・・???」

とっさに「やられた!」と悟ったのです。

あーさんは8年前、姫路の「アニマルメリーランド」という保護施設からやってきました。

当時、子供も小学校に入ったしそろそろ社会復帰をしようと就活をしていた頃で、子供だけ家にいるのは心配だなと思い、犬を飼うことにしたんです。

でもどうせ飼うなら里親になろう、と思い保護犬サイトを閲覧。
すると、笑顔がめちゃくちゃ素敵なあーさんを発見。
一度会わせてもらおうと、アニマルメリーランドさんに連絡をし訪問させていただきました。

初めて訪れる保護センターは、あまりに犬が多すぎて衛生環境は劣悪そうでした。
皮膚病や老犬が100匹以上はいたと思います。
その日は一度どんな犬か会わせていただき、お話をさせていただいて、検討させていただくつもりでした。

が、理事長さんの「一匹連れて帰れ~」というプレッシャーにもろくも負けてしまい、里親になる契約をしたのです。

「ワクチン接種」「去勢手術」をしてからの引き渡しという条件でした。
去勢手術をするのは、予想外の妊娠を防ぎ、これ以上可哀そうな犬を増やさないためだと説明を受けました。
説明に納得し、ワクチン接種代と去勢手術代合わせて2万円を支払い引き取りました。
今はまだ手術したてだからまだあるように見えるけど、その内吸収されるから、という説明も同時にありました。

が、いつまでたっても吸収されないので、おかしいなあ・・・と何となく心の隅で思ってたんですよね。
やたらマーキングするし発情するしさ。

2016年、あーさんが我が家に来てから5年後の事です。
アニマルメリーランドの劣悪な環境の中で、たくさんの犬が死んでいるのが見つかりました。
長年に渡り行政指導が何度も入っていたようですが、改善がなされなかった結果です。
アニマルメリーランドは閉鎖。経営は他の方が受け継いでいるようです。

この事件で、その保護施設の責任者はブリーダーではないかという疑惑も明るみに出ました。
つまり、繁殖引退犬や病気を持って生まれた子犬などを処分するための保護施設を自ら運営していたということになります。
また動物病院も関係していたのではないかと思われます。

アニマルメリーランド、なんでこんな老犬や病気だらけの犬ばかりなのか原因が分かりました。
ブリーダーといってもパピーミルだったのかも。
あまりに悪質です。

そういうわけで私は、
手術なんてやってくれてないのに、
手術代を支払ったおバカさんです(/ω\)
あー腹立つ。

海外では里親になるというのはかなり一般的です。
ペットショップに保護犬をおいているのも普通です。
犬を飼う時は里親になるという選択がもっともっと日本でも広がって良いはずなのに、こんな施設があるようでは、なかなか難しい。

里親になろう!とお考えの皆様。
保護施設はきちんと選びましょうね。
世の中悪質な民間保護施設は存在するのです。
引き取ってから問題が起こっても、命は返品できないですからね。

自由ネコさんの記事、参考になります。これ現実ですよ。 
▼その後去勢手術を受けました
犬の去勢手術愛犬あーさん去勢手術を受ける。去勢手術って本当に必要なの?メリット&デメリットは?

 

▼度々ポイントやクーポンをくれるEPARK。
トリミングサービスや病院を探すのにとても便利!
登録は無料ですよ(^^)

 

 

 

 

 

▼その後あーさんは結石も患い、再び手術。
その時ペット保険に入っていて本当に良かったのでした。

 

2 COMMENTS

アバター yamayu1207

ツイッターフォローさせていただきます。こちらもよろしくお願い致します。

返信する
アバター hana8hana

yamayu1207さん、コメントありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

返信する

hana8hana にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です