我が家の不登校中学生【卒業式】は出席?欠席?卒業式をどう乗り切るか。

今日は不登校生が必ずぶち当たる「卒業式は出席するか欠席するか問題」についてです。

娘の中学生活も、いよいよ残すところわずか1か月になりました。
はー、長かった。

不登校のお子様をお持ちのお家は悩ましい季節ですね。
だって、もうすぐ卒業式ですもの(:_;)

だって、

不登校生にとって卒業式はラスボス

ですね、ホント(^^;)

今日は我が家の卒業式対策をご紹介します。

 卒業式に関する不登校新聞のアンケート

 

不登校新聞では2016年に、不登校経験者80人(10代~40代)を対象に卒業式に関するアンケートを実施。
その結果は以下の通り。

卒業式の出欠状況

       f:id:hana8hana:20190207000459j:plain
(引用元:AERA dot.

何と6割は出席しています。
しかし、この6割の出席者の内の半数は、校長室や保健室などでの別室卒業式に参加。
そういえば友人の娘さんも、式典が終了してみんなが帰った後、不登校の子どもたちを集めて別で放課後卒業式を先生方皆さんで開いてくださって、いたく感動して母は号泣したって言ってたっけ。

欠席者の感想

       f:id:hana8hana:20190207000655j:plain

(引用元:AERA dot.

欠席して良かったという感想が8割。
後悔はしていない人が多いのに驚き。
ずっと学校に行ってないのに、最後だけひょっこり参加するのもかなり勇気がいるよね。

出席者の感想

         f:id:hana8hana:20190207001001j:plain

(引用元:AERA dot.

せっかく頑張って出席したのに、なんだか微妙~な回答ですよ。

「区切りになった」
「後悔したくないと思い出てみたが、周囲の対応に傷ついた」
「卒業式を体験できたのは良かったが居心地が悪かった」
「当日行けるかどうか分からないのに、出欠予定を求められるのが辛かった」

などの意見が出たそうです。

 不登校の卒業式、どう乗り切るか。

子どもの自己決定を受け入れる

不登校の子どもの卒業式に関して一番重要なのは「出席すること」ではなく、
子どもに自己決定させること
だと私は思います。

「最後の区切りだから」というのは大人の理屈だと思うのです。

不登校のお子さんをお持ちの親御さんなら理解していただけると思うのですが、出席できるかどうかなんて、当日になってみないとこればっかりは本当に分からないんです。

本人は「頑張って出席する!」と宣言していたとしても、当日やはり行けないなんて事は日常茶飯事。
行こうと思っていることも、行きたくても行けないのも全部子どもの本音。

  • 親ができる事はただ一つ。
    子どもが自己決定した事を受け入れてあげるだけ。

選択肢を提案してみる 

f:id:hana8hana:20190207224701j:plain
子どもが自己決定しやすいように、ある程度具体的な選択肢を提案してみる。
例えばこんな感じ。

  • 選択肢① 普通にみんなと一緒に練習も卒業式本番も出席する
  • 選択肢② 練習には出ないが卒業式本番は出席する
  • 選択肢③ 不登校の同級生たちと別室卒業式に出席する
  • 選択肢④ 一人で別室卒業式
  • 選択肢⑤ 欠席

どの学校も臨機応変にこのような色んなパターンを提示してくれるとは限りません。
その場合は、保護者から学校に提案してみるのも良いかもしれません。

不登校でも卒業はできるし卒業式は単なる式典に過ぎない

卒業式に出ないと卒業できない?
ずっと欠席してるから留年するんじゃないかしら?

と思っている親御さんがいらっしゃるのかどうか分かりませんが、高校は出席日数が足りないと無理ですが、義務教育においては出席日数は卒業要件ではありません。

なので、安心してください、卒業できますよ! 

不登校のお子さんを何とか卒業式に出席させたいと悩んでいる親御さんに私は伝えたい。

当日卒業式に出席できるかできないかは、本人にだって分かりません。
普段学校に行けないのに、急に卒業式だけ行けるなんてなかなか難しいかと思います。
くれぐれも子どもさんに重圧だけはかけないように、「どっちにしろ卒業できるんだから大丈夫だよ」と冷静且つ余裕をもって構えてあげたい、と私は思っています。

 

 我が家の娘はどうする?

f:id:hana8hana:20190207224241j:plain

卒業アルバムの写真を撮影しに学校に来てほしい。
卒業式は最後だから出てほしい。
ゆえに卒業式の練習にも出てほしい。

色々学校から現在言われております。
そりゃそうだ。

でも、

うーん、天のみぞ知る。

とも先生には言えない・・・。

ちなみに、卒アルの個人写真は卒アルを作成している写真スタジオに直接撮影に行きました。
でも卒アル、ほとんど写真が載っていないはず。
修学旅行さえも行ってないし。
(修学旅行のお金は返ってくるので、家族で石垣島旅行にリベンジ予定)
部活もやめちゃったし。
もしかして集合写真も端っこに小さい顔写真を載せられるパターン???
それはそれで楽しみ(≧◇≦)

我が家の娘は本音は「出席したい」らしい。

でもな~、無理かな~、最後やしな~、練習も出なあかんしな~

と、考えれば考えるほど悩んでおる状態でございます。

そりゃ出席したいんですよ、最後ですもの。
本人もきちんと最後は〆たいと思っているのです。

でも、学校に行くだけで頭痛とめまいと吐き気と腹痛に襲われるので、それが怖くて行けないんです。

まあ、

行けたらラッキー(^^)

くらいに思っておくのがちょうど良い(*^^*)

それよりも。
最近ふくよかになった私は、長男の卒業式で着たスーツが入らなくなっていると発覚Σ(゚Д゚)
もし出席ならば新たなスーツを購入せねばならない。
( ↑ むしろそっちの方が大問題(T_T) )

卒業式の結果は改めて報告致します。
では(^^)/

▼結果はこうなった!

▼通信制高校の資料請求はこちら▼

資料請求してみる

注意
進路選びは将来を決める重要な選択です。通信制高校や専修学校は多種多様で千差万別。後悔しないように複数の学校資料を請求して比べると良いですよ。

\ キャンパス数1,000校から無料で資料請求できる /

通信制高校の資料を取り寄せる

入力フォームに電話NGと記載すると営業電話は一切ありません

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です