【排便ショック】トイレでいきんで失神?貧血?~迷走神経反射が原因だった

ご訪問ありがとうございます。はなでございます。

事件です!

一昨日、甥っ子がトイレから倒れるようにして出てきて、
「救急車を呼んでほしい」と助けを求め、そのまま意識を失くし救急搬送されました。

連絡を受け、びっくりして妹(甥っ子は私の妹の長男)に原因を聞くと、

「ウ〇コやねん」

という妹の回答。

うまるこ・・・・??

 

人はそれを排便ショックという

 

排便後気分が悪くなり意識が遠のいて失神。
それを通称「排便ショック」と言うそうな。

まあまあの年数を生きてきましが、初めて聞く言葉。
笑って良いのか笑って良くないのかよく分からないネーミングですが、実はこれ、

全然笑えない状況ですΣ(゚Д゚)

よくある身近な失神で他人事ではないのです。

原因は迷走神経反射

迷走神経って何?

自律神経の副交感神経に含まれており、ほぼ全ての内臓の運動神経と副交感性の知覚神経を支配しする脳神経。
心拍数の調整に大きく関係しているので、脈を遅くする血圧を下げる、といった働きをします。

迷走神経反射って何?

本来、迷走神経は体が休息する時に働くものなのです。
そのおかげで、就寝前やリラックスしている時に、心拍数や血圧が落ち着きます。

でも、本来は迷走神経が働くべき状況ではないのみ反射的に働くことで、低血圧をきっかけとした失神が引き起こされる、それが迷走神経反射です。

これは年齢性別問わず、若くて健康な人でも誰にでも起こり得る反射です。
立っている時、または座っている時は生じますが、横になった状態では起こりません。
通称「脳貧血」。

つまり甥っ子は?

排便時にお腹に力を入れていきんだことで胸の圧が上がり、心臓に戻ってくる静脈血液量が減ります。
すると心臓が打ち出す血液量も減ってしまいます。
それがきっかけで迷走神経が働いてしまい、血圧が急激に下がり、脳へ血液が回らなくなり、気が遠くなり意識を失った、という事でした。

教訓:ウ〇コは思いっきりいきんだらダメ!!!

 

排便以外にもまだまだある!~迷走神経反射の誘因


以下のような状況の時、迷走神経が刺激され活発化しやすいです。

  1. 緊張が継続して続く状態のとき
  2. 強いストレスを感じるとき
  3. 恐怖を感じたとき
  4. 情緒不安定なとき
  5. 激しい痛みがあるとき
  6. 注射などの針を刺すとき
  7. 排便や排尿により腹圧が下がるとき
  8. 長時間起立しているとき
  9. 暖かい場所で負荷の多い運動をするとき
  10. 脱水状態であるとき などなど。

6番の「注射などの針を刺すとき」は看護師さんが詳しいかと思います。
私の祖母も一度点滴を打つ時に病院で気を失った事があるんです。

7番の「排便や排尿」ですが。


居酒屋さんでビールをしこたま飲んで、トイレを行くのをちょっと我慢したりって経験ないですか?
ビールを飲むとトイレが近くなりますが、一度行くとそれが呼び水になって度々トイレに行かざるを得なくなるので、我慢してしまえ~なんて。

実は、お酒を大量に飲んだ後トイレに行き膀胱が空になった時が非常に危険!
酔っ払いが居酒屋さんでトイレで失神したって、実はよくあるお話みたいで。
私やっちゃいそうだなぁ~。
今後気を付けます。

8番の「長時間起立しているとき」は、朝礼の途中や満員電車の中で気分が悪くなったり、というあれです。
経験者は結構多いんじゃないでしょうか。

また入浴中に溺れて亡くなる原因に、ヒートショック以外にも迷走神経反射が考えられているそうです。

こうしてみると、実は身近な失神なのですね。

迷走神経反射の前兆と対処方法

迷走神経反射が起こるとき、多くの場合、前兆が現れます。

  • 気分が悪くなる
  • 冷や汗が出る
  • 吐き気がする
  • あくびが出る
  • 急に眠くなる
  • 視野が少しずつぼやけていく

前兆が過ぎると意識が遠のいていきます。
一番怖いのは、意識を失った拍子に転倒などし怪我をすることです。
なので以上のような症状を自覚したら、なるべく安全な所に移動して、しゃがんだり横になったりしましょう。
横になれるようだったら、足を高くして脳に送られる血流量を増やすと良いそうですよ。

また、排便ショックを防ぐには、いきまなくても良いように便秘には気を付ける事と、排便後急に立ち上がらない事だそうです。

まとめ

甥っ子は、搬送先で点滴を打ってもらい元気に帰宅(^^)
家族全員「排便ショック」なんて知らなかったから本当慌てました。
とりあえず大事に至らず良かったです。

では今日はこの辺で(^^)/

 

▼自律神経って大切ですね▼
ツレは気象病。天気の変化で自律神経による体調不良を起こす気象病のしくみ・症状・対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です