夏休み家族旅行【京都美山】かやぶきの里で古民家宿泊とラフティング

ご訪問ありがとうございます。はなでございます。

突然ですが、夏休みの旅行先をお探しですか???
それなら私、是非オススメしたい場所があります!!

日本の原風景が残る、京都府南丹市美山町はご存じですか?
私、美山が大好きで、これまで何度か訪れています。

美山は、

  • 景色最高
  • ご飯が美味しい
  • アクティビティも楽しい
  • 宿泊施設が素敵で安い
  • 京阪神からそこそこ近い

今年の夏休みの旅行がまだ未計画なので、また美山に行きたくなってきた~(*^^*)

 

美山ざっくり説明

 

南丹市美山町は京都府のほぼ中央に位置する広大な町です。
その内約90%が森林という自然豊かな町で、「京都丹波高原国定公園」のエリア内に指定されています。

そして、町のちょうど真ん中に「かやぶきの里」があります。
この「かやぶきの里」が有名な観光スポットですが、ラフティング、サイクリングや原生林を行くネイチャーツアーなどのアクティビティも開催されており、子供から大人まで楽しめます。
そして、ジビエ料理なんかもありますよ~(^^)

 

おすすめポイントその1:かやぶきの里の絶景

これが美山かやぶきの里の美しい風景ですよ~
日本昔ばなしに出て来そうな(*^^*)

丸ポストがこの上なく似合う風景。

冬はこんな感じ。

美山観光のメインは、39棟のかやぶき民家が現存している「知井地区」。
かやぶき集落と田畑と山が織りなす風景が本当もうね、最高です。
平成5年に国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されました。

美山のかやぶきの里は、岐阜県の白川郷にも勝るとも劣らない日本の原風景。
よく見ると、屋根の造りが違うんです。

白川郷は合掌造り
美山は入母屋(いりもや)造り

▼白川郷の合掌造り

家の正面に対して屋根が左右に合掌するようなスタイル

▼入母屋造り

屋根の上部が家の前後に傾斜していて、そこから屋根が下に伸びるスタイル。
美山のかやぶきは北山型と言われる丸みを帯びた曲線が特徴的。

これらのかやぶきのお家には、今も美山の人々が住んで生活していらっしゃいます。
かやぶきの里は生活地域ですので、居住区域には立ち入らないよう注意が必要です。

 

おすすめポイントその2:かやぶき古民家のお宿

私たちが宿泊したのは、「民宿またべ」さん。


めちゃくちゃ雰囲気ありますよ~
田舎のおばあちゃん家に泊まりに来たみたい!
この日は満室。
台湾からも来られていました。
最近台湾でも京都美山は有名になりつつあるそうです。

夕飯は地鶏のすき焼き。
鶏肉と卵、鮎、山菜、野菜、お米、すべて地元でとれた新鮮で美味しい物ばかりでした。


これで一泊8700円!!
安くない???
大満足です(*^^*)

民宿またべ

1泊2食(1名様) 8700円より
客室 和室3室 14名(最大定員)
電話 0771-77-0258
メールアドレス miyama.matabe@gmail.com
ホームページはこちら

 

おすすめポイントその3:アクティビティ

私たちは田歌舎さん主催のラフティングに参加しました。
初めてだったので、初心者向けコースにしました。
川に流されてみたり、崖から飛び込んだり、小さいお子さんも参加できるゆるゆるコースですが、我が家にはちょうど良くとても楽しかったです\(^o^)/

ゆるゆるコースでは刺激が足りない!という方には、ちょっとだけハードな由良川コースもあります。

田歌舎さんではシャワークライミング、キャニオニング、カヤックなど色んなアクティビティを開催されていますよ(*^^*)

ラフティングでずぶ濡れになる為、途中写真は撮れませんでした。
残念(>_<)

田歌舎(たうたしゃ)とは

古き良き日本の原風景の色濃く残る山里、京都府南丹市美山町。
その最奥の集落にある田歌舎は、約1町の田畑・山林を有し、田歌舎で働くメンバーは、農業・狩猟・採集・牧畜・建築などの自給的な暮らしを通じて、”生きる力”を磨いています。

その自給的な営みを多くの方に楽しんでいただこうと、自分達で育て、獲ってきた食材を使ったスローフードレストラン・セルフビルドした宿泊施設、アウトドアガイドなどの自然体験をおこなっています。

田歌舎(たうたしゃ)

〒601-0702 京都府南丹市美山町田歌上五波1-1
TEL  0771-77-0509
Mail  tautasya@cans.zaq.ne.jp
ホームページはこちら

 

おすすめポイントその4:手打ちそばとジビエ料理

お食事処きたむら

美山に行くと、ほとんどの方が立ち寄るのではないだろうか?
という手打ち蕎麦屋さんの「お食事処きたむら」さん。
美山産のそば粉と美山のおいしいお水を使った手打ち蕎麦は最高ですよ!
(確か温かいお蕎麦は手打ちではなかった気がする)

9月に行くと、店前のそば畑には一面の白い蕎麦の花!
そしてかやぶきの里のすぐそばなので、最高のロケーションです。

お食事処きたむら ホームページはこちら

 

厨房ゆるり

どうしても試してみたいのは、美山のジビエ料理!!

ジビエ料理をおすすめポイントなんて書いてますけど、
実は私、美山のジビエ料理未経験です(^^;)

でも美山のジビエ料理は有名なのです。
上で紹介しました田歌舎さんでも、ジビエ料理がいただけます。

つい先日テレビを見ていたら美山特集を放送しており、その番組内で「厨房ゆるり」さんを紹介していました。
素晴らしく素敵なお店だったので、次回美山訪問の際には絶対行きたい!
という私の為の備忘録としてここに書きとどめておきます。

厨房ゆるりさんは、陶芸家であるご主人が美山の旬の食材を使った料理を提供してくださいます。
お店は築100年以上のいろりのある茅葺古民家。
めちゃくちゃ素敵です!
完全予約制です。


(引用元:厨房ゆるり

お料理は以下の通り。
ちょっとリッチなお食事ですが、たまにはね~(*^^*)

昼 ランチコース ¥3,240〜
夜 ディナーコース ¥5,400〜
昼・夜 鹿肉鍋コース ¥5,400〜
昼・夜 ぼたん鍋コース ¥8,640〜
(すべて税込み)

厨房ゆるり ホームページはこちら

 

美山へのアクセス

我が家は自家用車で行きます。
というのも、美山には直接乗り入れている鉄道も高速道路もないのです。
観光したりアクティビティに参加するなら、自家用車が一番便利!

でも、どうしても公共交通機関を利用したいという方は、

パターン① 予約制直通バス

JR京都駅発着の京阪京都交通の季節限定美山直通バスがありますよ。(予約制)
2019年4月6日(土)~12月1日(日)の毎日運行です。
京阪京都交通予約ページはこちら

パターン② JR+市営バス

JR京都駅から嵯峨野山陰線に乗車JR日吉駅下車。(約60分)
南丹市営バスに乗り換えて

安掛で下車(約35分)=道の駅美山ふれあい広場
かやぶきの里で下車=民宿またべ
田歌で下車=田歌舎

まとめ

家族旅行にも友達旅行にも超おすすめの美山です。
景色、食事、アクティビティと、こんなに完璧に揃っている場所が世の中あるの???
ってくらい私が大好きな場所です。

インバウンド大盛況の日本。
おかげで京都の観光地は、外国人観光客が多すぎて辟易する場所になってしまいました。

しかし、美山は自家用車でないと行きにくいからか、外国人観光客がいっぱいすぎて困る!というほど多くはない気がします。

この夏の旅行にぜひ!

では今日はこの辺で(^^)/

▼同じ京都でも対照的(^^)▼
金運アップのパワースポット京都【御金(みかね)神社】欲まみれで朝一参拝、福財布をGET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です