石垣島旅行(3)フェリーで竹富島へ~水牛車とレンタサイクルで観光・ランチ。離島ターミナル駐車場情報も。

ご訪問ありがとうございます。はなでございます。

石垣島家族旅行2日目は、竹富島に渡ります!

▼【その1】はこちら 

▼【その2】はこちら 


石垣島経験者の諸先輩方はみな口を揃えて言うんですよ。
竹富島は行っておくべき」って。

そんなに良いと言うなら、のーんびり行ってみよ!
って事で、2日目はまるまる竹富島で過ごすことにしました。

竹富島ってどんな島?

f:id:hana8hana:20190327221945j:plain

竹富島は石垣島から高速船で約10分、周囲約9㎞の小島。
石垣島からのアクセスが良いので、八重山離島の中でも一番人気です。

竹富島は現在、国の重要伝統建造物群保存地区に選定されています。
「竹富島憲章」によって、新しく家を建てる場合は赤瓦屋根の平屋でなければならず、2階建ての家屋は建てることができません。
その結果、私達がイメージする「沖縄の原風景」が大切に残されているそうです。
島民の人口は360人くらいなので、いつも観光客の数の方が島民よりも多いそうです。

八重山観光フェリーでフェリー&水牛車&レンタサイクルを予約

八重山観光フェリーで竹富島への往復フェリー乗船券と、竹富島レンタサイクルリンリンコース+水牛車をウェブ予約。
WEB割を使うと割引あります!

竹富島レンタサイクルリンリンコース
(水牛車観光orバス観光orグラスボートを追加可能)

お一人様基本料金 通常料金 お得なWEB割
大人 ¥2,400 ¥2,160
小人 ¥1,500 ¥1,350
幼児 参加可
備考
料金に

含まれるもの
往復船運賃・レンタサイクル料
ツアー時間 フリータイム
期間 通年催行
注意事項 幼児(小学生未満)のお子様は大人1名につき1名無料となります。また、昼食はつきません。 



※自転車のサイズは26インチ(一般的な大人用サイズ)となります。 

小人でのお申し込みも同サイズでのご用意となりますのでご了承ください。
石垣港発8:30~14:30の便からお選び下さい。 

竹富島での観光はフリータイムとなります。お帰りの便はお好きなお時間でご利用いただけます。 

貸し出しする自転車はシティサイクル(いわゆるママチャリ)となります。 

自転車のサイズ指定不可、2人乗り自転車/電動自転車の変更はできません。
引用元:八重山観光フェリー

www.yaeyama.co.jp

石垣港附近の駐車場4選

離島ターミナル周辺にはいくつか駐車場があるので、車で行っても大丈夫。
でも一番近い離島ターミナル第一駐車場はすぐに満車になるので要注意!

離島ターミナル周辺駐車場の基本情報

  • 24時間利用可能
  • 最初の1時間100円
  • 以降30分毎に50円
  • 夜間(20~08時)は1時間50円

①離島ターミナル第1駐車場 約50台 
離島ターミナルのすぐそばで、最も近いのですぐに満車になります。
いったん満車になるとなかなか空きが出ないので、満車の場合はさっさと諦めて次に行きましょう!

②離島ターミナル第2駐車場 約100台
夏休みなどの観光シーズンは、第2駐車場もあっという間に満車。
私は長期休暇中ではなかったので、こちらに駐車できました。
でも第1駐車場はやはり満車でした。

③新栄公園東駐車場 約60台
離島ターミナルまで歩いて6分。
ここだけは最初の1時間が200円となっております。

④ 市役所第2駐車場 約70台
こちらも歩いて6~7分くらい。
満車になる事はほぼないと思われます。 
滞在中に2回停めましたが、2回とも空車でした。

 

いざフェリーで竹富島へ

八重山観光フェリーでウェブ予約をしているので、八重山観光フェリーのカウンターで乗船券とレンタサイクル券、水牛車券と引き換えます。
その後乗船しますが、八重山観光フェリーの船に乗るのかと思いきや、どこの会社のでも良いみたい。
しかも、時間も予約はしてあったのだけど、便数は結構たくさんあるので、遅れても次のにどうぞって感じで、これまたゆるーい雰囲気で良いわあ。
乗船したら10分そこそこであっと言う間に到着!

竹富島に到着すると、竹富観光センターのバスがお出迎え。
水牛車乗り場まで送迎してくれます。

水牛車でのんびり観光

水牛の結(ゆい)君にお世話になります!

運転手?の方は竹富島の基本情報を色々説明してくださいます。

家の周りの珊瑚を積んだ石垣は台風対策だそうです。
珊瑚の隙間からうまく風が抜けるそうです。
珊瑚からはキンチョウ(錦蝶)という不思議な植物が生えています。

▼酒瓶を持ったシーサー(?)の右横に生えているのがキンチョウ。

また竹富島のシーサーは同じ物は一つもないそうです。
その理由は、瓦屋さんが片手間にシーサーを作ったからだそうで。
2匹並んで置かれるシーサーは、正面から見て右側は口が開いており、左側は口を閉じているそうですよ。
狛犬の阿吽と同じですね。

▼尻上がりシーサー。縁起が良いらしい。

 

三線を弾きながら島唄まで歌ってくださいます。
雰囲気ある~(^^)
結君が止まってしまっても、気乗りするまで待つというゆったりした水牛車観光。
時間の流れ方が何だか違うな。

ザ・竹富島!
いや~すんごい楽しい(*^^*)

ただ、水牛車観光やリゾート開発については思う所があるので、【竹富島番外編】にてまとめたいと思う。

レンタサイクルで竹富島の観光スポットを散策

水牛車観光が終わると、そのままレンタサイクルも準備されています。
現地でレンタサイクルするよりも、ウェブで予約を入れた方が圧倒的にお得でした。
地図もくださいます。
道は舗装されていないのがほとんどなので、砂の上の自転車は非常にこぎにくい!
でも歩くにはちょっと距離があるんだよなあ。

なごみの塔

島を見渡せる唯一の展望台だったそうですが、 老朽化の為現在は上ることはできません。

寄付金ボックスがあったので募金する。

あかやま展望台

お土産屋さんの屋上が、なごみの塔に代わる展望台になりました!

利用料100円の価値はありますよ!
竹富島が見渡せます。
この赤瓦が竹富島にキターって感じでワクワクする。

西桟橋

f:id:hana8hana:20190401002634j:plain

海に向かって105m続く桟橋は夕陽の名所。
国の登録有形文化財です。
水は透明!でも波が速いからここは泳げなさそうです。

コンドイ浜

f:id:hana8hana:20190401002141j:plain

f:id:hana8hana:20190401002205j:plain

曇ってきたけど、それでもやっぱ海が綺麗だー(*^^*)
コンドイ浜は遠浅の砂地が続くので、家族で海水浴がピッタリ。
3月半ばはまだ寒いので、誰も海に入ってはいませんでした。

f:id:hana8hana:20190401002358j:plain

至る所に猫ちゃんがのんびりしている。
コンドイ浜の猫ちゃん達も避妊・去勢手術はされています。

f:id:hana8hana:20190401002501j:plain

息子がベンチに座っていると、すたすたすたっと近寄ってきて膝の上にのぼり寝始める猫ちゃん。
竹富島で出会う猫ちゃんはものすごく人慣れしているのです。

カイジ浜

別名「星砂の浜」。
星の形をした星砂を見つける事ができる浜。
なので、浜にいる人はみんな下を向いて黙々と星砂を探している。
潮の流れが速いので遊泳はできません。

f:id:hana8hana:20190401002901j:plain

f:id:hana8hana:20190401003106j:plain

星砂を見つけるには、コツが必要。
まずは掌を砂にぎゅぎゅっと押し付けます。

f:id:hana8hana:20190401003133j:plain

掌を見てみると・・・

よーくよーく見てみると・・・

f:id:hana8hana:20190401003329j:plain

分かるかな????

 
私ね、「星砂の浜」の砂は星砂で出来ていると思い込んでたのですよ。
実際は、普通の砂の中にちょーっぴり混ざってるだけなんですねえ。
星砂が瓶に詰まって売ってるのって、もしかしてめちゃくちゃ破格プライスなんじゃないの???
どうやってあんなに大量を採取してるんだろう・・・?

しかも、砂と言いつつ砂ではない。
星の砂」は「原生生物である有孔虫の殻」だそうですよ。

で、星砂拾いも早々に飽きて、木登りしたりブランコしたり。

f:id:hana8hana:20190401004345j:plain

郵便局

f:id:hana8hana:20190401004557j:plain

丸ポストが!
こんな可愛い郵便局、なかなか無いよ。

島唯一のコンビニ?

f:id:hana8hana:20190401004657j:plain

24時間営業のコンビニなんてもちろん無いですね。
昔ながらの商店です。

竹富島で島ごはんランチ

1軒目:HaaYa nagomi-cafe

小さい島ですが、ごはんを食べるお店は結構たくさんあります。
まずは先ほどのなごみの塔の隣にあるHaaYa nagomi-cafe。

f:id:hana8hana:20190401005402j:plain

なんかねえ、おしゃれなカフェなんですよ。
私もここでカフェ開いてのんびり過ごしたい。
って、ここに来る主婦の90%はそう思ったはずだ。

f:id:hana8hana:20190401005838j:plain

本場のタコライス!!

f:id:hana8hana:20190401005645j:plain

とろけたチーズとお肉が中に入ってて美味!
今までタコライスを美味しいと思った事なかったけど、本場の本物のタコライスは違ったわ!
そして、
てーどぅんスイーツ(さたくんこう&さみ餅)

f:id:hana8hana:20190401005920j:plain

うんまーーい(*^^*)
お茶とセットで700円。

そういえば大学の頃、中国語学科だった私は夏祭りで「開口笑」という中国のお菓子を売ったら結構売り上げが出たんだけど、その「開口笑」がサーターアンダーギーと全く同じお菓子なの。
(竹富島で言う「さたくんこう」?)

2軒目:グリルガーデンたるりや

先ほど貼り付けた地図を見ていただくと分かるんですが、竹富島の南では車エビの養殖をしているそうです。
なので、新鮮なエビがいつでも食べられる!

たるりやさんでは、竹富産車エビフライ定食が美味しい!とネットで口コミをたくさん見かけたので、エビ好き家族としては行かざるを得ません。

f:id:hana8hana:20190403160739j:plain

おじいちゃんとおばあちゃんで経営されている、のーんびりしたお店。

f:id:hana8hana:20190403160821j:plain

で、これがエビフライ定食 1650円!

f:id:hana8hana:20190403161204j:plain

f:id:hana8hana:20190403161039j:plain

エビフライは頭と尻尾を食べる派ですか?
私は食べない派です。

がしかし、食べない派の私でも頭から尻尾まで美味しくいただけた、奇蹟のエビフライ!
やっぱ新鮮なんですねえ~
しかも車エビだし。
少しお値段ははりますが、食べて損は無いオススメのエビフライ定食です。
(ガイドブックにはエビ5本って書いてあったけど、4本になった?)

3軒目:そば処 竹の子

に行く予定だったのですが・・・。
タコライスとエビフライ定食でいっぱいいっぱい(^_^;)
ここのソーキそばがめっちゃ美味しいらしいです。
ソーキそば好きの方はぜひ!

フェリーで石垣島へ戻る

レンタサイクルを返却したら、バスで港まで送迎してくださいます。
観光が合理的にまとまっている島ですね。

石垣港につくと、具志堅用高さんがお出迎えしてくれました。
石垣出身だそうです。
確定申告のキャラでもされているんでしょうか?

f:id:hana8hana:20190403161902j:plain

夜は島創作料理 居酒屋まるさ本店へ

f:id:hana8hana:20190403162404j:plain

この日はホテルから徒歩1分のまるさ本店へ。
こちらも出発の前々日に予約を入れておきました。
満席だったので、人気店はやはり予約を入れておくのが無難ですね。

そして、ホテルから徒歩1分。
つまり飲める!
いやー、居酒屋で飲めないなんて単なる拷問ですよ。

さあ、単なる食べたもん自慢を心ゆくまでどうぞ。

何かのお魚のマース煮。
沖縄のお魚はお塩で煮ると美味しい。

f:id:hana8hana:20190403162722j:plain

チヌマン、おじさん、マーマチ、イラブチ、ミーバイ
という謎の名前ですが、淡白でうまい。

f:id:hana8hana:20190403162422j:plain

ソーメンチャンプルーは、何度か自分でも挑戦して作ってみたけど、どうもうまくできない。ねちゃっとするというか。
こんなに美味しく仕上げる料理人ってすごいですね。

f:id:hana8hana:20190403162803j:plain

石垣牛の炙りにぎり。
美味いに決まってる。

f:id:hana8hana:20190403162604j:plain

何とか言う貝。
ビールと合いすぎてたまらん。

f:id:hana8hana:20190403162906j:plain

白身魚がアーサーをまとった美味なるもの。
これもビールと合いすぎてたまらん。

f:id:hana8hana:20190403162645j:plain

そのビールがこれ、石垣島地ビール!
所変わればビールも変わる。
何だか黒砂糖の味がした。(気のせいかも)

f:id:hana8hana:20190404003411j:plain

〆はジューシーのおにぎり。

f:id:hana8hana:20190404003417j:plain

こちらのお店も文句なしに美味しかったです。
ご飯が美味しい場所を旅行するのは幸せですねえ(^^)

【その4】へ続く(^^)/

 

まるさ本店

【住所】石垣市石垣503-1
【電話番号】0980-83-1903
【営業時間】18時~23時
【定休日】水曜日
【駐車場】あり
【備考】クレジットカード不可

石垣島旅行記 その1 準備編
石垣島旅行記 その2 川平湾・うさぎ屋・星空ウォッチング編
石垣島旅行記 その4 お土産編
石垣島旅行記 その5 シュノーケリング編

 

\お試し1か月無料でるるぶが100冊以上が見れるブック放題はこちら/

2 COMMENTS

アバター keiko-blog

初めまして、HANAと申します。(笑)
アイコンのかわいらしさ✨そして毛筆の御筆とお花、に誘われてやってまいりました。
ニックネームもさることながら、共通点が書道の講師⁉
おまけに石垣島、竹富島は大好きな処です♪
数十年前は星の砂も手ですくうほどあったのに少なくなりましたね⤵
私はゆるゆるの気まぐれブログですが遊びにいらして頂けると嬉しいです(*^-^*)

返信する
アバター hana8hana

HANAさん (id:keiko-blog)
初めまして(^^)
コメントありがとうございます!
なんと同じHANAさんじゃないですか。
しかも書道の講師?!
ご縁を感じます(≧◇≦)
今後ともよろしくお願いいたします(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です